南アルプス市で評判のローコスト住宅メーカーを徹底比較!口コミで人気の業者を厳選しました。

平屋スタイルのローコスト住宅を建てる際に注意するべきポイントとは?

公開日:2022/03/15  最終更新日:2022/04/05


広い土地や大きな基礎が必要となる平屋は、建築費用が高額になりがちです。しかし、平屋でもローコストで建設できるローコスト平屋と呼ばれる住宅があります。また、将来バリアフリーの住宅に住みたいと考えている方にもローコスト平屋がおすすめです。そこで本記事では、ローコスト平屋の魅力や注意点について解説します。

平屋スタイルのローコスト住宅を建てるメリット・デメリット

人生で最も高い買い物といわれる住宅の購入は、失敗のないよう慎重に検討する必要があります。注文住宅を建設する場合、2階建ての住宅や3階建ての住宅、平屋など家そのものの形も自由に決めることができます。

一方、建売住宅の場合、土地を効率よく使うために2階建てや3階建ての住宅がほとんどになります。したがって、平屋に住みたいと考えている方は、ある程度広い土地を購入し、注文住宅で検討するとよいでしょう。

また、平屋は2階建て住宅と比較して、建築費用が高額になる可能性が高いです。なぜなら、同様の延べ床面積の平屋と2階建て住宅を比較した場合、平屋は2階建て住宅よりも約2倍の大きさの屋根や基礎が必要になるからです。つまり、平屋は建築資材が多く必要になる分、建物本体価格が高額になるのです。

また、平屋を建設するには広い土地が必要になるため、外構にもお金がかかります。しかし、平屋でもコストを抑えて建設できる、ローコスト平屋があります。建築資材をまとめて仕入れたり、広告費用を削減したりすることで、低コストの平屋を提供しているハウスメーカーがあるのです。

ローコスト平屋の最大の魅力は価格が安いことですが、他にも魅力があります。たとえば、平屋の特徴を生かして水回りを1階にまとめられるため、家事導線がシンプルになります。また、階段がなく家の中を楽に移動できることもメリットでしょう。

一方、ローコスト平屋に限らず、平屋は防犯対策が大切です。大切なものを保管するのもすべて1階となるため、不審者に狙われやすいのです。さらに、平屋は高さがない分、日当たりや風通しが悪くなることがあります。入居後に後悔することのないよう、間取りを工夫して考えてくれるハウスメーカーに相談するようにしましょう。

平屋スタイルのローコスト住宅でよくある失敗               

1階の面積が大きくなるローコスト平屋は、家事導線に関する失敗例が多くあります。たとえば、洗濯機を置いている場所から、洗濯物を干す場所が遠ければストレスになるでしょう。家事導線を考えないまま設計してしまうと、2階建ての住宅よりもかえって家事負担が大きくなる場合があります。

そこで、どのような生活を送るかを想像し、水回りは一か所にまとめておくことをおすすめします。また、建物の高さが低くなるローコスト平屋は、日当たりや風通しに関する失敗も発生しがちです。周辺にマンションがある、隣が2階建ての住宅であるといった場合には、採光をきちんと取れるかシミュレーションするようにしましょう。

さらに、ローコスト平屋では収納と居住スペースのバランスを失敗することも少なくありません。採光を取り入れようとして広いリビング、開口を優先して収納スペースが足りなくなることがあるのです。ローコスト平屋では、大まかに収納を設けるのではなく、何をどこにしまうのかを考えて収納スペースを設けるようにしましょう。

平屋スタイルのローコスト住宅を建てる際に注意するべきポイント

ローコスト平屋といっても、オプションを追加しすぎたり、細かな部分にこだわりすぎたりすると結果的に建築費用が高くなることがあります。そこで、欲しい機能や設備に優先順位をつけ、無駄のない家づくりをするようにしましょう。

また、家そのものの形をシンプルにすることもポイントです。同じ延床面積の平屋でも、住宅の形に凸凹があると、建築資材が多く必要になります。

そこで、シンプルな形の平屋を採用し、建築コストを抑える工夫をしましょう。さらに、住宅を建設すると補助金ももらったり、税金の控除を受けたりできる場合があります。ハウスメーカーが提案してくれこともありますが、自分の地域に補助金制度はないかなど確認するようにしましょう。

その他、施工を依頼する会社を慎重に選ぶことも注意点の一つです。ローコスト平屋を提案している業者の中には、コストカットに注力しすぎて品質が悪かったり、保証制度が充実していなかったりする場合があります。つまり、価格面だけに注目するのではなく、安心して施工を任せられるかどうかを検討することが大切です。

 

建築費用が高額になりがちな平屋でも、低価格で建設できるローコスト平屋があります。ローコスト平屋は価格が安いことはもちろん、設計を工夫すると家事負担を顕現し、住みやすい住宅を実現できます。ただし、採光や風通しが悪くなりやすかったり、収納府スペースが足りなくなったりすることが多いため、慎重に設計を考えるようにしましょう。また、価格面だけに注目して業者を選択するのではなく、保証制度や施工品質についても確認することをおすすめします。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

投稿日 2022.09.15
南アルプス市は、坪単価が低く、助成金がでるので、コストを抑えて注文住宅を建てることができます。自然豊かで、移住やセカンドライフにぴったりの地域です。また、山里エリアから離れると、バイパス周辺
続きを読む
投稿日 2022.08.15
部屋の間取りとインテリアにこだわりたいから、階段の位置はあとから適当に決めればいいか、と考えている方もいるでしょう。しかし、階段をどこに設置するかはとても重要です。この記事では、リビングに階
続きを読む
投稿日 2022.07.15
狭小地に注文住宅を建設しようと考えている人も多いと思いますが、そんな時はどのようなことに気を付けなければならないかわかりますか?狭小地にローコストで住宅を建てることも可能であり、それにはメリ
続きを読む
投稿日 2022.06.15
住宅を一棟建てるために必要な頭金の相場は、300万から700万程といわれています。数百万円単位のお金を用意することは簡単ではないですし、頭金がなくてもよいならない方が助かりますよね?本記事で
続きを読む
投稿日 2022.05.15
注文住宅の購入を検討しているものの、費用面を考えてローコスト住宅が気になっている方も多いのではないでしょうか。また、ローコスト住宅の建設費用が安いのは知っているけれど、工期については詳しく知
続きを読む
投稿日 2022.04.15
注文住宅の購入を検討しているものの、できるだけ費用は抑えたいと考えている方も多いのではないでしょうか。住宅の購入費を抑えるにはさまざまな方法がありますが、ローコスト住宅を建てるのも選択肢の一
続きを読む
投稿日 2022.04.22
会社名:株式会社ユニバーサルホーム 住所:山梨県北杜市長坂町小荒間229-1(北杜店) TEL:0551-32-0666 ユニバーサルホームは、全国にフランチャイズを展開している住宅メーカー
続きを読む
投稿日 2022.04.22
会社名:タマホーム株式会社 住所:〒400-0814 山梨県甲府市上阿原町1086番地(甲府支店) TEL:0120-923-780 タマホームは、良質低価格にこだわる住宅メーカーです。20
続きを読む
投稿日 2022.04.22
会社名:ロビンスジャパン株式会社 住所:〒400-0111 山梨県甲斐市竜王新町420-32(山梨店) TEL:055-276-1102 ロビンスジャパンは、欧米の輸入住宅を中心に設計・施工
続きを読む
投稿日 2022.04.22
会社名:株式会社アーデンホームインターナショナル 住所:〒409-3866 山梨県中巨摩郡昭和町西条3816(株式会社平和ハウジング/アーデンホーム甲府) TEL:0120-204-417
続きを読む