南アルプス市で評判のローコスト住宅メーカーを徹底比較!口コミで人気の業者を厳選しました。

狭小地でローコスト住宅建てる!メリット・デメリットを解説!

公開日:2022/07/15  最終更新日:2022/07/20


狭小地に注文住宅を建設しようと考えている人も多いと思いますが、そんな時はどのようなことに気を付けなければならないかわかりますか?狭小地にローコストで住宅を建てることも可能であり、それにはメリット・デメリットがあります。今回の記事では、これらに関する内容について解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

狭小地に家を建てるメリット

まずは、狭小地に家を建てるメリットについて解説します。狭小地というだけあって、坪数が比較的小さな家になることが多くありますが、その分土地代が安くなるため、節約につながります。首都圏の一等地などでは、土地代だけで億に及ぶことも少なくありません。その分の予算を削ることができるため、建物自体に経費をかけることができます。建物のほかには引っ越しの業者に関するサービス内容のほか、インテリアや雑貨などにも浮いた費用を当てることができるため、大きなメリットの一つといえるでしょう。

このほかに、土地が狭いことで押さえられる費用がまだあります。それは、各種の申請費用や登記にかかる費用です。ご存じの方も多くいると思いますが、実は土地の大きさに比例して各種の費用が膨らむケースがほとんどなのです。住宅の完成後には固定資産税を中心とした各種の税金も土地の大きさに合わせて設定されるため、狭小地では費用が安く抑えられることになります。

また、狭小地に住宅を建設する場合は、設計に詳細な設計をすることが求められます。この場合、デザイン性に優れた住宅の建設にもつながるため、外観の素敵な家になることが多くあります。

狭小地に家を建てるデメリット

次にデメリットについて解説します。狭小地ということもあって、もちろんデメリットも多くあります。

まず大きな問題になることがあるのは、玄関や廊下、階段や開口部分などが一般的な住宅に比べて狭くなりやすいです。これは、狭小地に立てる上では弊害になることが多くあります。そのため、サイズの大きい家電や家具の搬入ができないケースがあります。そのため、大きい家電や家具をどうしても使用したい場合、事前にサイズを計測したうえで設計することをおすすめします。

また、これと同等にデメリットとして挙げられるのが、生活するうえでの動線の問題です。自分のライフスタイルを考慮したうえで設計しなければ、のちに生活しづらい家になってしまうこともあるので、注意が必要です。

しかし、この設計にこだわりすぎると、費用が高額になる場合があります。ただでさえ狭小地に住宅を建設する場合は、建築費用が高くなることが多いのに、ここでも費用が重なると、予算をオーバーしてしまうケースが見られます。狭小地に住宅を建てる場合、どこまでの条件が譲れる範囲か確認しながら設計に携わるとよいでしょう。

狭小地にローコスト住宅を建てる注意点とは

狭小地に住宅を建設する上での注意点は何でしょうか?項目に沿って解説します。

■建築規制や法規制

狭小地に住宅を建設するときに、誰もが限られた敷地をフル活用して建設しようと思いがちですが、大きく3つの規制があることで、制限を受けることがあります。

1つ目は建蔽率といわれるもので、土地に対してどの大きさまでの建設が可能か定められています。これは都市計画に基づいて制限されているため、土地いっぱいに建物を建てることはできません。

2つ目は防火地域の場合、3階建て以上の木造住宅を建てることができないという規制です。しかし、木造耐火建築物といわれる防火に優れている住宅の基準を満たすことで可能になります。

もう一つは、斜線制限といわれる、隣接した建物に対する風通しや日当たりを確保するために定められたものです。とくに高さに対しての制限がかかる規制になっています。

■工事費用

先ほども少し触れましたが、土地の面積が狭いほど、建築費用は掛かることが多いです。狭小地で建設を進めるにあたって、建材の搬入や人件費にかかる費用が増えるためです。狭い場所で作業することは、やはり、作業効率を下げてしまうことにつながります。

車両の出入りに関しても大型のものでは制限される場合があります。その場合、搬入だけでも回数が多くなってしまう現状になります。さらに車両が通れない場合、人を使っての搬入作業になることもあるため、費用が割高になるのです。

■室外機の取り付け位置

意外と見落とされるのが、室外機の設置場所です。現代社会では、給湯器やエアコンなどの室外機の設置がほぼ必須となっています。狭小地の場合は設置するスペースの確保が難しくなります。さらに、定期的なメンテナンスを行うことも考慮すると、作業がしやすい場所に設置することも必要になるので、充分に設置場所を検討することが必要です。

■防犯設備

狭小地に住宅を建てると、死角となる場所が増えるため防犯上の都合が悪くなりやすいです。この場合、防犯対策として低層階のガラスを防犯ガラスなどに強化するか、防犯カメラの設置をするなどして対処するのがよいとされています。

 

いかがでしたか?今回は狭小地でローコスト住宅建てるメリット・デメリットについて解説させていただきました。上記の内容のほかには、駐車するスペースが狭い、家具を設置する場所がない、隣接する建物との窓に位置が重なるなどのトラブルもよく聞かれます。そのため、解説した内容を参考に狭小地での住宅建設を検討してみてください。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

投稿日 2022.11.15
低予算で家が買えるローコスト住宅は魅力的ですよね。しかしローコストなだけに、冬は寒いという話を聞いたことがありませんか?せっかく家を建てるのだから、冬も暖かく快適に過ごしたいものです。そこで
続きを読む
投稿日 2022.10.15
南アルプス市は土地価格が低く、助成金も出るため、住宅建築を検討する方に、穴場スポットです。さらに、ローコスト住宅も注目がされています。ローコスト住宅は、さまざまな工夫で価格を抑えた注文住宅で
続きを読む
投稿日 2022.09.15
南アルプス市は、坪単価が低く、助成金がでるので、コストを抑えて注文住宅を建てることができます。自然豊かで、移住やセカンドライフにぴったりの地域です。また、山里エリアから離れると、バイパス周辺
続きを読む
投稿日 2022.08.15
部屋の間取りとインテリアにこだわりたいから、階段の位置はあとから適当に決めればいいか、と考えている方もいるでしょう。しかし、階段をどこに設置するかはとても重要です。この記事では、リビングに階
続きを読む
投稿日 2022.07.15
狭小地に注文住宅を建設しようと考えている人も多いと思いますが、そんな時はどのようなことに気を付けなければならないかわかりますか?狭小地にローコストで住宅を建てることも可能であり、それにはメリ
続きを読む
投稿日 2022.06.15
住宅を一棟建てるために必要な頭金の相場は、300万から700万程といわれています。数百万円単位のお金を用意することは簡単ではないですし、頭金がなくてもよいならない方が助かりますよね?本記事で
続きを読む
投稿日 2022.05.15
注文住宅の購入を検討しているものの、費用面を考えてローコスト住宅が気になっている方も多いのではないでしょうか。また、ローコスト住宅の建設費用が安いのは知っているけれど、工期については詳しく知
続きを読む
投稿日 2022.04.15
注文住宅の購入を検討しているものの、できるだけ費用は抑えたいと考えている方も多いのではないでしょうか。住宅の購入費を抑えるにはさまざまな方法がありますが、ローコスト住宅を建てるのも選択肢の一
続きを読む
投稿日 2022.04.22
会社名:株式会社ユニバーサルホーム 住所:山梨県北杜市長坂町小荒間229-1(北杜店) TEL:0551-32-0666 ユニバーサルホームは、全国にフランチャイズを展開している住宅メーカー
続きを読む
投稿日 2022.04.22
会社名:タマホーム株式会社 住所:〒400-0814 山梨県甲府市上阿原町1086番地(甲府支店) TEL:0120-923-780 タマホームは、良質低価格にこだわる住宅メーカーです。20
続きを読む