南アルプス市で評判のローコスト住宅メーカーを徹底比較!口コミで人気の業者を厳選しました。

ローコスト住宅の安全性は高い?気になる耐震性は?

公開日:2022/10/15  最終更新日:2022/10/04


南アルプス市は土地価格が低く、助成金も出るため、住宅建築を検討する方に、穴場スポットです。さらに、ローコスト住宅も注目がされています。ローコスト住宅は、さまざまな工夫で価格を抑えた注文住宅です。しかし、低価格により、安全性を心配する方は多いでしょう。ここでは、ローコスト住宅の安全性について解説します。

気になるローコスト住宅の安全性

ハウスメーカー各社、ローコスト住宅は、安全性の基準をクリアしていることは前提です。ローコスト住宅であるために、資材の品質が劣っていたり、重要作業工程をはぶいていたりするわけではありません。

建築基準法のチェック

建築する前に、かならず安全確認をする法律義務があります。建築確認とよばれ、確認項目としては、地盤・耐震性・建蔽率など、さまざまな視点で行います。また、民間の検査機関が第三者の目線で行うので、厳しいチェックが可能です。

価格コントロールの理由

ローコスト住宅を実現するために、ハウスメーカーはさまざまな工夫をしています。資材の大量仕入れ、設計から施工までのワンストップ化、宣伝費カット、営業人件費カットなど。あらゆるコストカットをし、住宅の価格に還元しています。安心できる品質維持は、企業努力のおかげです。

どうしても心配な場合の対策

建築後にホームインスペクションという、住宅診断サービスを利用すると安心です。ハウスメーカーとは無関係の第三者目線なので、信頼できます。手抜き工事がないかなど、くわしく調査をしてもらえるので、その後安心して暮らせるでしょう。

地震への安全性を高めるためにできる工夫とは

地震が多い日本では、建築のうえで安全面の工夫が必要です。ここでは、ローコスト住宅において注目すべき点を解説します。

耐震等級について理解する

耐震等級とは、地震に耐えられるレベルの指標です。3段階にわかれており、耐震等級1は震度7で崩壊しないレベルで一般住宅に多いつくりです。耐震等級2は耐震等級1の1.25倍耐えることが可能であり、病院や学校などにあたります。

耐震等級3は震度7でも損傷しない建築で、警察署や消防署など重要施設レベルです。ローコスト住宅は耐震等級2がメインですが、なかには耐震等級3もあるのでハウスメーカーに相談してみましょう。警察署や消防署と同等の頑丈さをイメージすると、とても安心です。

免震・制振構造の対策

免震構造とは、建物と地盤のあいだにゴム装置を設置し、地震の衝撃をすくなくする仕組みです。揺れが流れるので、実際の3分の1ほどに抑えることが可能です。家具や家電の転倒を防ぎ、家の中での安全性が高くなります。

また、制振構造は建物の壁などにダンパーとよばれる装置をつけ、揺れを吸収させます。ローコスト住宅の場合、いずれも対策がされていません。コストが浮いたぶん、オプションで対策構造をつけるとよいでしょう。また、制振構造のほうがコストは少なく済むのでおすすめです。

シロアリ対策

シロアリ被害により、耐震強度が非常に低くなります。とくに、基礎に被害があった場合、構造的に地震対策をしていても、被害が拡大してしまいます。なかには、崩壊してしまう例もあり、油断はできません。シロアリが一度発生すると全滅はとても難しく、はじめから発生しないようにすべきです。建築基準法では、木造建築に防蟻処理をする義務があります。

しかし、念のための対策をすべきでしょう。そこで、通気性がとても重要になります。結露が発生する窓や、湿気のたまる間取りをさけましょう。シロアリの発生は、高い湿度が条件になります。シロアリが発生すると駆除や破損修繕に時間やコストがかかり、とても大変です。シロアリは地震対策の一環として、意識しましょう。

ローコスト住宅でも長期優良住宅仕様にできる?

長期優良住宅仕様とは、安全性が高い構造、高品質の設備により長期間住むことが可能な住宅をさします。ローコスト住宅でも、長く老後まで住みたい場合や将来売りたい場合など、プランはさまざまです。できるだけ、長期優良住宅に認定されるものにするとよいでしょう。

予算配分の工夫

建築の際に、優先的に耐震へコストをかけると、性能があがります。長期優良住宅の認定には、耐震等級2以上が必要です。可能であれば、耐震等級3を選ぶとよいでしょう。また、地盤の安定も必須なので、地盤調査を行い、弱いようであれば補強が必要です。内装や外観のビジュアルに予算をかけがちですが、長期的に考えて耐震へ予算をかけましょう。

耐震実験可能なハウスメーカーを選ぶ

耐震構造は各社こだわっており、ローコスト住宅でも耐震等級3を誇るハウスメーカーも多々存在します。しかし、大地震発生を想定した実験を行えるハウスメーカーは少ないことが現状です。実験には、施設・装置・資材とかなり費用がかかります。それを叶えられるのは、大手のハウスメーカーになります。長期優良住宅にするためには、大手ハウスメーカーの信頼感あるローコスト住宅を選びましょう。

まとめ

ローコスト住宅は、品質が欠落しているわけではありません。充分、安心して住める構造です。マイホームを、予算であきらめている方は、検討してみましょう。予想外の価格で、オシャレで便利な注文住宅が手にはいります。また、南アルプス市のような郊外であれば、土地代も抑えることが可能です。ローンに追われすぎることを回避できます。ローコスト住宅で、豊かな暮らしを実現させましょう。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

投稿日 2022.11.15
低予算で家が買えるローコスト住宅は魅力的ですよね。しかしローコストなだけに、冬は寒いという話を聞いたことがありませんか?せっかく家を建てるのだから、冬も暖かく快適に過ごしたいものです。そこで
続きを読む
投稿日 2022.10.15
南アルプス市は土地価格が低く、助成金も出るため、住宅建築を検討する方に、穴場スポットです。さらに、ローコスト住宅も注目がされています。ローコスト住宅は、さまざまな工夫で価格を抑えた注文住宅で
続きを読む
投稿日 2022.09.15
南アルプス市は、坪単価が低く、助成金がでるので、コストを抑えて注文住宅を建てることができます。自然豊かで、移住やセカンドライフにぴったりの地域です。また、山里エリアから離れると、バイパス周辺
続きを読む
投稿日 2022.08.15
部屋の間取りとインテリアにこだわりたいから、階段の位置はあとから適当に決めればいいか、と考えている方もいるでしょう。しかし、階段をどこに設置するかはとても重要です。この記事では、リビングに階
続きを読む
投稿日 2022.07.15
狭小地に注文住宅を建設しようと考えている人も多いと思いますが、そんな時はどのようなことに気を付けなければならないかわかりますか?狭小地にローコストで住宅を建てることも可能であり、それにはメリ
続きを読む
投稿日 2022.06.15
住宅を一棟建てるために必要な頭金の相場は、300万から700万程といわれています。数百万円単位のお金を用意することは簡単ではないですし、頭金がなくてもよいならない方が助かりますよね?本記事で
続きを読む
投稿日 2022.05.15
注文住宅の購入を検討しているものの、費用面を考えてローコスト住宅が気になっている方も多いのではないでしょうか。また、ローコスト住宅の建設費用が安いのは知っているけれど、工期については詳しく知
続きを読む
投稿日 2022.04.15
注文住宅の購入を検討しているものの、できるだけ費用は抑えたいと考えている方も多いのではないでしょうか。住宅の購入費を抑えるにはさまざまな方法がありますが、ローコスト住宅を建てるのも選択肢の一
続きを読む
投稿日 2022.04.22
会社名:株式会社ユニバーサルホーム 住所:山梨県北杜市長坂町小荒間229-1(北杜店) TEL:0551-32-0666 ユニバーサルホームは、全国にフランチャイズを展開している住宅メーカー
続きを読む
投稿日 2022.04.22
会社名:タマホーム株式会社 住所:〒400-0814 山梨県甲府市上阿原町1086番地(甲府支店) TEL:0120-923-780 タマホームは、良質低価格にこだわる住宅メーカーです。20
続きを読む