南アルプス市で評判のローコスト住宅メーカーを徹底比較!口コミで人気の業者を厳選しました。

意識するべき箇所はどこ?ローコスト住宅の間取りの決め方のコツ!

公開日:2021/09/15  最終更新日:2021/09/03

調べたいことがあるとまずインターネットで検索する時代。「マイホーム」と検索すると、「ローコスト住宅」という言葉を目にすることが多いのではないでしょうか。マイホームは誰にとっても大きな買い物です。少しでも安く購入できるように、たくさんの情報を集めておきましょう。

そもそもローコスト住宅とは?

ローコスト住宅とは「低価格で建てられる住宅」のことです。一般的な住宅は3,000万円台が相場なのに対し、ローコスト住宅は1,000万円台が相場といわれます。約3分の1の価格で戸建ての住宅が購入できるため、大手のハウスメーカーや地域密着型の工務店も注力しています。

低価格=低品質なのでは?と心配になってしまいますが、決して品質が悪いわけではありません。一般的な注文住宅では好みの間取りや設備を自由に選び、一からデザインしていきます。

しかしローコスト住宅は規格の中から選択するシステムです。グレードを上げることもできますが、オプション費用として上乗せされるので注意が必要です。インテリアにこだわりがなく、必要最低限の設備で充分だという価値観の人、限られた予算でマイホームを購入したい人に選ばれています。

そもそもなぜローコストで提供できるかというと、材料の仕入れ費や人件費を見直し、無駄を削減しているから。材料は大量に一括購入し、自社工場で加工をします。規格化されているため材料もロスが少なくなり、同じ建材を使いまわすことができるように。加工された材料が現場に運ばれるため大工さんの作業数も減り、人件費が大幅に削減できます。

広告・宣伝費の使い方も工夫し、無駄なコストをとことん削減。さまざまなコストカットを施した結果、低価格で販売できているのがローコスト住宅です。

ローコスト住宅の間取りの決め方のコツ

低価格が魅力のローコスト住宅ですから、なるべくコストをかけない間取りを採用したいところです。モデルハウスや住宅展示場を見て決めるのもいいですが、テンションが上がり冷静な判断ができない心配も。その場で決断せず、複数の会社を比較しましょう。

普段の暮らしを想像して

間取り図を見て、自分たちの暮らしを何度もシミュレーションしてみましょう。朝起きて洗面所で身支度する子どもたちと、洗濯物を持ってバルコニーまで移動する母。窮屈な空間になっていませんか?リビング階段で子どもの様子が感じられるのも安心ですが、来客が多い家庭には騒がしくて落ち着かないかもしれません。

過ごしやすい間取りは、それぞれの家庭によって異なります。何度も間取り図を見て、暮らしをシミュレーションしてください。

生活スタイルの変化に対応できるか

現在の生活だけでなく、将来のことも考えておく必要があります。子どもが別々の部屋で寝るようになったとき、独立して家を出たあと、老後のことなど、生活スタイルが変わったときにもフレキシブルに対応できる間取りかどうかも考えておくと安心です。

基本的な条件も考慮して

ローコスト住宅に限りませんが、日当たりや風通しは快適な暮らしに欠かせません。予算重視といっても、窓の数や大きさ、設置場所は慎重に決めるべきです。

収納スペースは足りそうですか?収納が足りないと家具を買い足すことになり、部屋が狭く感じる原因に。家具の購入費用が思いのほか大きくなってしまった、という失敗談も聞きます。

初期費用を抑えようと奮闘した結果、入居後に後悔するようでは本末転倒です。優先順位をつけ、自分たちの生活スタイルに合った間取りを採用しましょう

ローコスト住宅でおすすめの間取りプランは?

間取りの決め方がわかったものの、なかなか具体的にイメージしにくいという方もいるのではないでしょうか。いくつかのおすすめの間取りプランをご紹介します。

廊下を作らないリビング階段

廊下を作らないオープンな間取りが、ローコスト住宅のプランによく取り入れられています。廊下を作るためには壁が必要になり、材料も手間もかかることに。リビング階段にすれば廊下スペースも必要なく、コストダウンになります

リビング階段は子どもが大きくなっても必ずリビングを通るため、帰宅後に顔を見ることができるのがうれしいですね。引きこもり対策や、友達を連れてきたことも確認できます。

水回りをまとめて家事を楽に

快適な生活を送るためには、生活動線と家事動線を考えた間取りにしておけば失敗がありません。よくいわれるのは、水まわりを1か所に集中させる間取り。配管の長さ、複雑な構造は手間がかかりコストアップにつながります。洗面所・風呂・トイレ・台所はなるべく近くに配置。1階と2階のトイレは上下に直結させるとなおよいです。

水まわりが近いと家事動線もスムーズになり、時短になります。水まわりの充実は生活において大きいポイントですが、こだわるとコストも比例して高くなりますので注意が必要です。優先順位をつけて設計していきましょう。

コンパクトな平屋

広い土地が準備できるのであれば、平屋も検討してみましょう。階段の昇り降りがないので、小さな子どもがいても安全です。

 

シンプルな間取りは、逆にいえば後から融通が利くともいえます。部屋数を最小限にしておけば、後から壁を作るリフォーム工事もできますし、アコーディオンカーテンや背の高い家具で仕切ることもできます。価格を抑えつつ、快適な生活ができる間取りを見つけましょう。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

投稿日 2022.11.15
低予算で家が買えるローコスト住宅は魅力的ですよね。しかしローコストなだけに、冬は寒いという話を聞いたことがありませんか?せっかく家を建てるのだから、冬も暖かく快適に過ごしたいものです。そこで
続きを読む
投稿日 2022.10.15
南アルプス市は土地価格が低く、助成金も出るため、住宅建築を検討する方に、穴場スポットです。さらに、ローコスト住宅も注目がされています。ローコスト住宅は、さまざまな工夫で価格を抑えた注文住宅で
続きを読む
投稿日 2022.09.15
南アルプス市は、坪単価が低く、助成金がでるので、コストを抑えて注文住宅を建てることができます。自然豊かで、移住やセカンドライフにぴったりの地域です。また、山里エリアから離れると、バイパス周辺
続きを読む
投稿日 2022.08.15
部屋の間取りとインテリアにこだわりたいから、階段の位置はあとから適当に決めればいいか、と考えている方もいるでしょう。しかし、階段をどこに設置するかはとても重要です。この記事では、リビングに階
続きを読む
投稿日 2022.07.15
狭小地に注文住宅を建設しようと考えている人も多いと思いますが、そんな時はどのようなことに気を付けなければならないかわかりますか?狭小地にローコストで住宅を建てることも可能であり、それにはメリ
続きを読む
投稿日 2022.06.15
住宅を一棟建てるために必要な頭金の相場は、300万から700万程といわれています。数百万円単位のお金を用意することは簡単ではないですし、頭金がなくてもよいならない方が助かりますよね?本記事で
続きを読む
投稿日 2022.05.15
注文住宅の購入を検討しているものの、費用面を考えてローコスト住宅が気になっている方も多いのではないでしょうか。また、ローコスト住宅の建設費用が安いのは知っているけれど、工期については詳しく知
続きを読む
投稿日 2022.04.15
注文住宅の購入を検討しているものの、できるだけ費用は抑えたいと考えている方も多いのではないでしょうか。住宅の購入費を抑えるにはさまざまな方法がありますが、ローコスト住宅を建てるのも選択肢の一
続きを読む
投稿日 2022.04.22
会社名:株式会社ユニバーサルホーム 住所:山梨県北杜市長坂町小荒間229-1(北杜店) TEL:0551-32-0666 ユニバーサルホームは、全国にフランチャイズを展開している住宅メーカー
続きを読む
投稿日 2022.04.22
会社名:タマホーム株式会社 住所:〒400-0814 山梨県甲府市上阿原町1086番地(甲府支店) TEL:0120-923-780 タマホームは、良質低価格にこだわる住宅メーカーです。20
続きを読む